財布にやさしくヒゲ脱毛をするなら

【メンズリゼ】
ヒゲ~VIOに至る全身脱毛や
クリニックだけの永久脱毛体験

詳細はこちら

ヒゲ脱毛の前に日焼けしてはいけない理由!おすすめの紫外線対策は?

ヒゲ脱毛の前に日焼けしてはいけない理由!おすすめの紫外線対策は?ヒゲ

全身脱毛月々3,000円

ヒゲ脱毛の前に日焼けしてはいけない理由をまとめてみた

ヒゲ脱毛を受けると、単純にヒゲが薄くなるだけではなく、自己処理の手間を省くことができます。

 

ヒゲが濃くて毎日の髭剃りが大変だと感じている男性に、ヒゲ脱毛はピッタリの処置ですね。

 

しかし、ヒゲ脱毛をエステサロンやクリニックで受ける前に、絶対に日焼けしてはいけません。

 

初回のカウンセリングでは、エステサロンのスタッフやクリニックの医師から「日焼けは避けてください」と説明を受けます。

 

なぜヒゲ脱毛を受ける前に日焼けをしてはいけないのか、考えられる理由を見ていきましょう。

 

光やレーザーを照射した際に火傷のリスクが高くなる

もし日焼けした状態でヒゲ脱毛を受けると、光やレーザーを肌に照射した際に火傷のリスクが高くなります。

 

これはエステサロンやクリニックで使われている脱毛器が黒色のメラニンに反応する仕組みだからです。

 

エステサロンのフラッシュ脱毛とクリニックのレーザー脱毛は威力が違うものの、両方とも黒色メラニンに反応して高熱が発生します。

 

この高熱が日焼けした肌に反応しますので、火傷で肌の状態が著しく悪くなりやすいのです。

 

火傷のリスクがある点についてはスタッフも医師も把握していますので、日焼けした状態で店舗に足を運んでも施術を受けさせてもらえません。

 

また次回に予約して施術を受ける形になるため、ヒゲ脱毛が完了するまでの期間がどんどん長くなります。

 

つまり、ヒゲ脱毛の期間中は、フェイスラインや鼻下を中心に施術を受ける部位の丁寧なスキンケアを心掛けましょう。

 

肌トラブルのリスクが高くなる

ヒゲ脱毛の前に日焼けしていると、火傷だけではなく他の肌トラブルも引き起こされやすくなります。

 

具体的にどのような肌トラブルのリスクがあるのかいくつか見ていきましょう。

 

  • 肌の炎症が加速して赤くなる
  • カサカサと乾燥してニキビができやすくなる
  • シミ(炎症後色素沈着)が形成される

 

ただでさえ日焼け後の肌は、水分量の低下によってカサカサと乾燥しています。

 

その状態でヒゲ脱毛の熱エネルギーを与えると、肌荒れや肌トラブルが生じやすいのは何となくイメージできるのではないでしょうか。

中でも色素沈着のリスクは非常に高く、肌にシミが形成されるメカニズムをまとめてみました

 

  1. 日焼けした肌に光やレーザーを照射する
  2. 炎症が悪化して傷付いた組織を修復しようと働く
  3. 肌の防衛本能としてメラニン色素が過剰に生成される
  4. メラニン色素の量が多すぎると肌に生まれ変わりのターンオーバーで排出しきれない
  5. 肌の内部に蓄積されてシミとして現れる

 

ヒゲを脱毛してツルツルの状態になっても、シミができると老けたイメージになります。

 

「いつまでも若々しくいたい!」「実年齢よりも若く見られたい!」という男性は、ヒゲ脱毛前の日焼けには注意すべきですね。

 

普段よりもヒゲ脱毛の痛みが強くなる

クリニックの医療レーザー脱毛は照射力が強く、ただでさえ痛みを感じやすい傾向があります。

 

エステサロンのフラッシュ脱毛と比べてヒゲ脱毛の効果が高い代わりに、痛みを我慢しないといけません。

※ヒゲ脱毛による痛みを少しでも抑える方法については、こちらのページで解説しています。

<<ヒゲ脱毛が痛いのか口コミをまとめてみた!痛みを抑える効果的な方法は?>>

 

もし肌が日焼けしていると、普段よりも熱エネルギーを吸収しやすくなります。

 

火傷まで至らないとしても、ヒゲ脱毛による痛みが強くなりやすいのです。

 

レーザーの照射時だけではなく、脱毛器が発する熱に対して「熱い!!」と驚く男性は少なくありません。

 

ヒゲ脱毛の痛みが怖い方は、日焼けに注意して常日頃から保湿を意識したスキンケアを行うべきです。

 

脱毛効果が半減しやすい

あまりにも日焼けのレベルが酷いと、エステサロンでもクリニックでもヒゲ脱毛を断られます。

 

脱毛器から照射される光やレーザーがムダ毛だけではなく日焼けした肌も攻撃しますので、お客さんの安全を考えて施術を断るのは当然ですよね。

 

しかし、日焼けの程度によっては、脱毛器の出力を下げて対応してくれるところがあります。

 

「じゃあ日焼けしても大丈夫じゃん」

 

と考える男性はいますが、出力を下げれば下げるほど脱毛効果が半減しやすいので注意しましょう。

 

一度の施術で高いヒゲ脱毛の効果を実感できなくなれば、エステサロンやクリニックに通う回数は必然的に増えます。

 

理想の肌を手に入れるまでの期間も延びますので、最高出力で照射してヒゲ脱毛の効果を実感したい男性は、日焼けに気を付けてください。

 

ヒゲ脱毛の前に行いたいおすすめの紫外線対策はこれだ!

女性と比べてみると、日々の生活で念入りに紫外線対策をしている男性は少ないのではないでしょうか。

 

「夏場でも紫外線を気にしたことがない」という男性は多いのですが、ヒゲ脱毛の期間中は上記の理由で日焼けはNGです。

 

そこで、このページではヒゲ脱毛の前に行いたい日焼け対策や紫外線対策の方法をいくつか挙げてみました。

 

春先から夏場にかけての季節は特に太陽から降り注ぐ紫外線の量が増えますので、この時期にエステサロンやクリニックでヒゲ脱毛を受ける予定の方は要チェック!

 

日焼け止めを塗布する

フェイスラインの紫外線対策で最も簡単な方法は、日焼け止めのクリームやジェルの塗布です。

 

ヒゲ脱毛の施術を受ける部位にクリームを塗るだけで、太陽の紫外線から肌を守ってくれます。

 

一口に日焼け止めと言ってもたくさんの製品が販売されていますが、SPF値とPA値を基準にして選んでみましょう。

 

SPF値とPA値は紫外線防止効果を示す指標で、それぞれ一体何を指しているのかまとめてみました。

 

  • SPFは肌の赤みや黒化を引き起こすUVB(紫外線B波)を防ぐ効果指数で、SPF1で約20分の日焼け対策ができる
  • PAは肌の黒化を引き起こして弾力を失わせるUVA(紫外線A波)を防ぐ目安で、4段階の「+」マークで表示される

 

単純にSPF値とPA値が高くなるほど、日焼け対策の効果もアップします。

 

屋内で過ごす時間が長いのであれば「SPF20〜30」「PA+++」、屋外で過ごす時間が長い時は「SPF50」「PA++++」の日焼け止めを選んでみてください。

 

また、日焼け止めは朝の出掛ける時に塗っておしまいではなく、途中で塗り直して太陽の紫外線を防ぐのがポイントです。

 

フェイスガードを装着する

「日焼け止めのクリームやジェルはベタベタするから嫌だ」という男性は、フェイスガードを装着しましょう。

 

マスクをしても肌に紫外線が当たった状態になりますが、フェイスガードには紫外線カット効果があります。

 

フェイスラインに加えて首付近までカバーできるグッズもありますので、簡単な方法でヒゲ脱毛前の紫外線対策を行いたいのであればフェイスガードがおすすめです。

 

飲む日焼け止めを摂取する

日焼け止めは肌に塗布するタイプだけではなく、サプリメントとして飲む製品もあります。

 

サプリメントによっては、紫外線の60%〜70%もカットできるほど効果的です。

以下では、クリームやジェルとは違った飲む日焼け止めのメリットをいくつか挙げてみました。

 

  • 天然のポリフェノールのニュートロックスサンや血液浄化作用を持つファーンブロックなど、紫外線予防に効果的な成分を簡単に摂取できる
  • 製品によって決められたカプセルや錠剤を飲むだけで良いので、皮膚がベタベタせずに済む
  • 抗酸化作用の高い成分の効果によって、肌のコンディションが高まる
  • 身体の内側から紫外線による活性酸素の発生を防いでくれるため、同時にアンチエイジング効果が期待できる

 

日焼け止めクリームやジェルと併用して、飲む日焼け止めを摂取すれば完璧な紫外線対策ができますよ。

 

ヒゲ脱毛後も日焼け対策を徹底しよう!

日焼け対策はヒゲ脱毛を受ける前だけではなく、エステサロンやクリニックで処置を受けた後にも行うべきです。

 

ヒゲ脱毛で満足のいく効果を得るには、複数回に渡って施術を受けないといけません。

 

この期間中に日焼けすると脱毛効果が下がったり脱毛完了までの期間が延びたりしますので、継続して日焼け対策を行う必要があります。

 

もし脱毛期間中に日焼けしてしまった時は、次のアフターケアを行いましょう。

 

  • 肌を冷やして炎症を鎮める
  • 化粧水や乳液で保湿ケアをする
  • こまめに水分補給をする
  • ビタミンCを含む食べ物を意識的に食べる

 

身体の外側と内側の両方からケアを行い、ヒゲ脱毛に支障が出ないようにするのがポイントです。

 

ゴリラクリニックでは日焼けした状態でヒゲ脱毛を受けられるの?

日焼けした状態でヒゲ脱毛を受けられるのかどうかは、エステサロンやクリニックで違いがあります。

 

ヒゲ脱毛で確かな実績を得ているゴリラクリニックでは、日焼け肌でも脱毛できる機械のメディオスターNeXTを導入しました。

 

メディオスターNeXTは脱毛業界で注目を集める脱毛器で、他のマシンとは違った強みを解説していきます。

  • 毛根そのものではなく発毛因子のバルジを破壊する仕組みで、施術時の痛みを大幅に和らげている
  • 強力な冷却装置で照射患部の熱を素早く緩和するため、肌へのダメージを最小限に抑えられる
  • 照射時に日焼けで肌が黒くても施術を受けられる(バルジ領域に対してのみ作用するのが理由)

 

メディオスターNeXTは肌への刺激を和らげるだけではなく、万が一日焼けしてしまってもヒゲ脱毛が可能です。

 

もちろん、「患部が赤く腫れ上がっている」「皮膚が高熱を帯びている」など、あまりにもダメージが大きい場合はゴリラクリニックでもヒゲ脱毛はできません。

 

しかし、ゴリラクリニックでは脱毛の効果に加えて肌への安全性も考慮していますので、ヒゲの濃さで悩んでいる男性は一度無料カウンセリングを受けてみましょう。

ゴリラクリニックの公式サイトをチェック

 

まとめ

「火傷のリスクがある」「肌トラブルが引き起こされやすい」「脱毛の効果が下がる」といった理由で、基本的に日焼け肌ではヒゲ脱毛は受けられません。

 

ヒゲ脱毛は肌に大きなダメージが加わるため、脱毛前も脱毛後も念入りな日焼け対策が必須です。

 

肌に余計な負担を与えずにヒゲ脱毛を行い、理想のフェイスラインを手に入れてみてください。

 

人気記事

【悲報】21年間ヒゲを抜き続けたオレが死ぬほど後悔した話
ヒゲを抜きたい衝動に駆られて抜き続けること21年。圧倒的にムダな時間を過ごしてきた僕だからこそ語れる話をします。この記事を読めば、ヒゲを抜くことが如何に「意味のないこと」かよく分かってもらえると思いますので、腹筋を緩めてお読み下さい。(笑)
今月のオススメ脱毛サロン&クリニック<もちろんカウンセリングは無料>
メンズリゼ<MEN'S RIZE>
全身脱毛月々3,000円

MEN’S RIZEは男性専門の脱毛クリニックで、ヒゲだけなら月々3,000円の低価格から施術を受けられ、さらに全身脱毛の場合でも月額5,500円~というリーズナブルさ。

しかも、万が一の肌トラブルも完全無料を保証しているので安心。全国22店舗に拡大してツルツル男子を量産しています。

リンクス<RINX>
RINX

RINXは脱毛サロンですが、独自開発の脱毛マシンと全国51店舗の豊富な人材が魅力!

カウンセリングや脱毛技能士もすべて男性スタッフで統一しているので“女性に見られたくない”なら断然RINX!

毎月先着○○名様限定で行われる超特価脱毛キャンペーンも見逃せませんよ~!

湘南美容クリニック

誰もが一度は聞いたことのある湘南美容クリニックでは、1回の施術時間が15分しか掛からないので、忙しいビジネスパーソンの方にもピッタリ。

特に太くて濃いヒゲに悩んでいるなら、大人気の6回/30,350円(税込)で減毛効果がうれしいヒゲ脱毛を試してみるのもいいでしょう。

店舗数も業界トップクラスなので“出張先でも施術OK!”地方にお住いの方も気軽に始められます。

ゴリラクリニック
髭脱毛

ゴリラクリニックは芸能人や芸人さんも数多く通っている人気の脱毛クリニックです。

脱毛プランの豊富さもさることながら、脱毛施術に使われる「脱毛機」を5種類も取り揃えています。

このことによってあらゆるタイプの脱毛に対応可能になっています。

メンズクリア
メンズクリア

男性専用のサロンで【無制限通い放題】が代名詞のメンズクリアは価格が安いことで有名。

さらに、はじめての来店で最大80%OFFという破格のキャンペーン中なので、痛みにあまり強くない男性でも気軽に挑戦できる脱毛サロンです。

予算を抑えてつつ脱毛に挑戦したいなら、絶対に選択肢に入れておきたい。

ヒゲ
この記事が「役に立った」と思ったら是非シェアお願いします!
ヒゲの惑星