RINX

失敗しない~脱毛トラブルやリスクの6事例と店舗選びの注意事項

脱毛トラブルを知るヒゲ

脱毛トラブルを調査する人脱毛トラブルが心配な人「エステサロンとかクリニック脱毛するのはいいんだけど、脱毛にまつわる肌トラブルが心配だな…。実際に通いだす前に、そのあたりのリスクや注意事項についてもしっかり確認しておかないとね。」

 

こんな心配にお答えします。

 

本記事の内容

・国民生活センターの報道発表資料を基に、脱毛に関するトラブル(危害)やリスクについて学ぶ
・エステサロンやクリニック脱毛をする前に確認しておきたい注意事項

 

 

脱毛にはリスクもあるんやで!

脱毛時に注意するべきこと

今回は、脱毛につきものの「トラブル」がどれくらい発生していて、その内容がどんなものかを紹介しつつ、脱毛時のリスクや注意事項についても詳しく触れていきたいと思います。

 

トラブルやリスクを限りなく小さくするには、やっぱり「値段」だけではなく「安全性に十分配慮された店舗を複数選択」して、無料カウンセリング等を通じて自分の目で「安全そうかジャッジメント」するのが一番いいと思っています。(; ・`д・´)

 

ということで、なくならない脱毛トラブルについて徹底的に検証してきましょう!

 

RINX

国民生活センターに寄せられたトラブルの内容と解説

国民生活センター脱毛トラブル

平成29年5月11日に独立行政法人 国民生活センターから発表された資料によると、エステで受けた脱毛に関する相談が2012年~2017年の約5年間に12,693件、医療機関で受けた脱毛に関する相談が1,968件寄せられています。

 

その相談の中には、脱毛施術により危害を受けたという相談が964件あり、そのうちの約70%にあたる680件がエステによる危害、残りの約30%にあたる284件が医療機関(クリニック)による危害事例でした。

※危害とは商品・役務・設備に関連して、身体にけが、病気等の疾病(危害)を受けた相談を指します。

 

危害事例を施術の内容別に集計すると、エステは「光脱毛」が最も多く(229件)、次に「レーザー脱毛」が(72件)、「電気脱毛」が(31件)が多く、医療機関284件の危害事例のうち約96%は「レーザー脱毛」によるものでした。(206/284件中)

 

エステの方が出力(パワー)が低い脱毛器のはずなのに、なんでトラブルが多いの?

 

そもそも「永久脱毛」という文言が「医療機関でしか謳えない」のは、医療レーザー等で毛乳頭を破壊して毛を生えなくさせるという行為そのものが「人体の組織を破壊する行為」であるため、やけどや腫れ、赤みなどの皮膚トラブルが起きる可能性があり、トラブルが起きてもすぐに医師の診察を受けることができるようにするためです。

 

あぁ。トラブルが起きてもすぐにお医者さんがいるからクリニックの方がトラブルが少なかったってことか~。

 

エステで受けた施術による主な危害事例 ~その1

脱毛エステの施術後に発疹ができたため皮膚科を受診。毛のう炎と診断された すべての範囲が脱毛できるというインターネット広告を見て店舗に出向き、以前利用した美容クリニックより安いと思って契約した。施術前には書面に書かれた注意点を読まれたが、詳しい説明はなかった。初回施術後、背中や胸、腕、わきなどに広範囲に発疹ができたためサロ ンに電話すると、毛のう炎ではないかと言われた。すぐに皮膚科を受診したところ、毛のう炎と診断され塗り薬をもらった。その後5カ月ほど、発疹が良くなりかけてはぶり返すことが続き、わきには黒ずみもできてしまった。これ以上施術を受けたくない。

(受付年月:2017年1月、被害者:大阪府・20歳代・女性

引用元:独立行政法人 国民生活センター

 

毛のう炎(毛包炎)はパッと見ると「ニキビ」のように赤く腫れているように見えますが、皮膚の常在菌(表皮ブドウ球菌や黄色ブドウ球菌)が皮膚ではなく毛穴の中で感染してしまうことで起こります。

 

男性の場合では脱毛以外でも、髭の処理などでカミソリや毛抜き、乾燥によって毛穴に菌が入り込むことで起こりやすくなります。

参考 【悲報】21年間ヒゲを抜き続けたオレが死ぬほど後悔した話

 

当サイトでも【まとめ】髭の永久脱毛に掛かる値段とおすすめクリニックを超わかりやすく説明するなどでは、注意事項としてなるべく毎回記述するようにしていますが、脱毛後のスキンケアは、このような肌トラブルを回避するのに大切なので、軽く考えずにしっかり行いましょう。

 

エステで受けた施術による主な危害事例 ~その2

毛穴に針を刺して毛根を熱で死滅させる永久脱毛の施術を受けたら赤く腫れあがった クレジットカード会社から脱毛体験優待券が届いたので、体験に出向いた。ひざ下を希望し、毛穴に針を刺して毛根を熱で死滅させる施術を受けた。痛みが強く、赤く腫れ上がり不安になったが、ジェルで冷却すれば腫れは2~3週間で引くとのことだった。永久脱毛なので今頑張ればきれいになれる、値引き特典があると執拗 しつよう にコースの契約を勧められ、契約せざるを得なか った。施術後、腫れあがった足が心配で皮膚科を受診したところ、数週間で治ると言われ、そ んなものかと思った。3カ月通ったが、痛みが強く、赤く腫れたままであることと、度重なる勧誘に耐えられず、中途解約した。3年半経っても痕が消えず、最近かかった医師から、痕が残ると言われた。

(受付年月:2016年4月、被害者:神奈川県・20歳代・女性)

引用元:独立行政法人 国民生活センター

 

針脱毛は施術者のレベルに左右される非常に難しい脱毛方法で、店舗の外観や営業年数、スタッフを見るだけではわからないので、このようなトラブルが起きやすい施術といえます。

 

肌トラブルもさることながら、この場合は「強引な勧誘行為」についても大きな問題ですね。

 

マイナーなエステサロンやクリニックにありがちな強引な勧誘行為に対しては、

「曖昧な返答をするのが一番危険」

 

このようなしつこい勧誘に対して有効な手段としては、

「いったん家に持ち帰ってゆっくり考えます」

何を言われても、ハッキリ・明確に言い切ればOKです。
(どれだけしつこくても↑だけ繰り返せばいいです。)

 

それでもしつこく勧誘してくる店舗なら「悪質店舗認定」してOKですし、万が一しつこい勧誘に押し切られても「クーリング・オフ制度」が利用できますので安心して下さい。

 

クーリング・オフができる条件

  • 契約してから8日以内
  • 契約金額が5万円以上
  • 契約期間が1か月以上

 

必ず「8日以内」に勧誘してきた店舗に対して書面でクーリング・オフを申し出ましょう。(といっても、はがきに必要事項を書いて送るだけでできます)

 

また、クーリング・オフができないと業者が言ったり、脅したりしてクーリング・オフが出来なかったときには、所定の期間を過ぎてもクーリング・オフができます。

 

書面の作り方は簡単なので、詳しくは以下のサイトでご確認下さい。

参考 国民生活センター

 

エステで受けた施術による主な危害事例 ~その3

肛門周りの光脱毛でやけどを負い、完治まで1年以上かかることもあると言われた 何度か施術を受けたことがあるエステで、全身とデリケートゾーンの光脱毛をした。店員が 肛門周りに光を照射させたところ、激痛が走った。痛みを訴えたが、痛い方が効果があると言われて、そのまま施術を続けた。歩くと痛かったため鏡で確認したところ、肛門の上あたりがやけどになっていて皮膚がズルむけの状態だった。そのことをエステに申し出ると、「病院に付き添うので行って欲しい、施術代を返金、治療費は支払う」と言われた。診察を受けたら、光脱毛との因果関係を認められ、乾くのに時間がかかる部位なので、完治には1年以上かかる こともあり、ケロイド体質なら治っても引きつると言われた。

(受付年月:2016年1月、被害者:岐阜県・30歳代・女性)

引用元:独立行政法人 国民生活センター

 

ここまでひどい場合は、施術代の返金や治療費の支払いはもちろん、慰謝料請求までできるかも知れない案件ですが、これまでトラブルなく通っていたエステサロンということで、肌トラブルになるとは予見しにくかったと思います。

 

もちろんこのようなリスクについてきちんと説明、もしくは明示してあることがサロン・クリニック選びの基本ですが、トラブル発生→即対応可能なクリニックで脱毛される方が安心感は高いでしょう。

 

もちろん自分が通うことになるエステサロンやクリニックは、比較する意味でも、当サイトでは必ず「2店舗以上」のカウンセリングを受けることを推奨させてもらっています。

 

店舗選びに欠かせないポイントやおすすめの店舗については、以下の記事から確認してみてくださいね。

 

参考 【まとめ】髭の永久脱毛に掛かる値段とおすすめクリニックを超わかりやすく説明する

 

クリニックで受けた施術による主な危害事例 ~その1

レーザー脱毛による硬毛化の改善のために強いレーザーを当て、やけどを負ったインターネットで検索した美容クリニックでレーザー脱毛のコースを契約。2~3回目くらいに、硬毛化という現象が表れたため、強いレーザーを当てると言われた。硬毛化については、事前に説明を受けていたが、発症する人は少ないと言われたので、あまり気にしなかった。強いレーザーを当てるため、施術は半年に1回となった。5回目の施術の後、皮膚が赤くただれ、やけどのようになった。クリニックで見てもらったところ、初めに診てくれた人は、レーザーによる炎症だと言ったが、その後、他の人から、体質によるアレルギーだと言われた。別の皮膚科に診てもらったら、レーザーによる炎症であると言われた。

(受付年月:2016年6月、被害者:東京都・20歳代・女性)

引用元:独立行政法人 国民生活センター

 

硬毛化については≫【バレない】35歳の独身男が自宅で愛用する髭脱毛用のおすすめ家庭用脱毛器 に詳しく書いていますのでそちらをご覧いただきたいのですが、医療脱毛による肌トラブルは、トラブル発生後に速やかにそのままクリニックで診断・治療できる点がメリットなはずでした。

 

しかし、悪質なクリニックだと「自分たちに都合の良い診断をすることがある」ので注意したいところ。

 

エステサロンはそもそも医療機関ではないので、トラブルが起きても診察できませんが、脱毛クリニック選びも実は難しく、同じ系列のクリニックでも施術するスタッフによってはトラブル発生につながることがあります。

 

だから、クリニック選びの基本は「価格」や「通いやすさ」はもちろん大切ですが、それに加えて肌トラブルのリスクをオープンして、どんな症状が出たとしても無料で対応してくれる店舗をできるだけ候補に入れて欲しいと思っています。

 

クリニックで受けた施術による主な危害事例 ~その2

ひげのレーザー脱毛でやけどを負った 皮膚科でひげのレーザー脱毛の施術を受けている。4回目までは順調だったが、5回目の施術 を受けた1週間後くらいからほほの赤みが目立つようになり、レーザー光線を照射された部分 が丸くやけどのような状態になってしまった。施術したクリニックに行くと、医師に、「レー ザー機器の調子が悪かったようだ。時間はかかるが痕は絶対残らない」と言われた。

(受付年月:2016年4月、被害者:愛知県・30歳代・男性)

引用元:独立行政法人 国民生活センター

 

僕の友人もそうですが、皮膚科でヒゲ脱毛をする方も一定数いらっしゃるようですね。

 

レーザーの調子が悪いという説明を受けたようですが、マシンのメンテナンスも含めて施術上のミスであるのことは間違いないでしょう。

 

レーザーで脱毛する以上は起きうる問題のひとつですが、この場合は男性専門の脱毛クリニック(医院)に行った方が良かったかもしれません。

 

それは、先ほどからの話になりますが、トラブルに対する診察や薬代などすべてクリニック側が負担するというくらい自信のあるクリニックの方が、髭脱毛を専門にしていない皮膚科で脱毛するよりも、リスクが少なくなる可能性は高いですからね。

 

男性専門の脱毛クリニックのおすすめは≫【鬼コスパ】ケチくさメンズの俺がヒゲ脱毛クリニックのおすすめを安い順に紹介する 記事に詳しく書いてあります。

 

クリニックで受けた施術による主な危害事例 ~その3

レーザー脱毛を受けたら蕁麻疹(じんましん)が出て、完治に半年かかると言われた 近所の皮膚科でひざ下のレーザー脱毛を受けた。医師から施術内容については何も説明がないまま、女性スタッフが施術を行った。足がやけどのようになったが、4日目には腫れが引いたので、2回目の施術を受けた。施術後同じように赤くなり蕁麻疹がでた。レーザーの跡が残り、スカートがはけない状態になった。医師に相談したところ、蕁麻疹はレーザーによる皮膚の反応で1カ月で治ると言われた。週1回通院したが良くならないので、別の病院を受診すると、完治するのに半年かかると言われた。

(受付年月:2016年4月、被害者:愛知県・30歳代・男性)

引用元:独立行政法人 国民生活センター

 

脱毛のトラブルで多いのはやけどなんですが、体質によっては脱毛の施術後、肌に赤みやかゆみ、蕁麻疹が出てしまうこともあります。

 

そのため、自分に合わないなと思ったら、医師に相談して施術方法を変えてもらったり施術を控えるなどの対策を取ってもらうことも必要になりますが、まずはお試し照射などを通じて「自分の体質に合っているか?」を確かめるのがよいと思います。

 

当サイトでおすすめしている多くのクリニックでは1回都度払いで脱毛を受けることができますし、キャンペーン等で非常に割安な料金で脱毛体験ができる店舗もあります。

 

参考 【まとめ】髭の永久脱毛に掛かる値段とおすすめクリニックを超わかりやすく説明する

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

エステサロンやクリニックでの脱毛でも肌トラブルになる可能性もあることがわかったと思いますし、そもそも脱毛の契約をめぐっても強引な勧誘を迫る店舗はもってのほかでしたよね。

 

もし万が一強引な勧誘を断れなかった場合でも、消費者センター等に連絡するなどしてクーリング・オフの制度を利用すれば無条件解約することができますので、安心して欲しいと思います。

 

クーリング・オフができる条件

  • 契約してから8日以内
  • 契約金額が5万円以上
  • 契約期間が1か月以上

 

脱毛ブームで新しい店もたくさんできてきているクリニックの中でも、ゴリラクリニックとメンズリゼクリニックは、初診料や再診料無料の上、トラブル発生時の治療費や薬代もすべて含まれるコース料金があるので断然おすすめです。

 

さらに脱毛はクリニックに通うだけではなくて家庭用脱毛器でも行うことができるようになってきています。

 

家庭用脱毛器の選び方も「値段」で決める人も多いですが、大事なことは「実績」と「効果」というのは、もうおわかりかと思います。

 

医療脱毛よりパワーが出ないように設計されているので「永久脱毛」はできませんが、脱毛効果をそれなりに実感できるマシンはありますので、1台持っておくと割と便利です。

 

クリニックに通う人でも、ムダ毛が気になったときに使えるのでちょちょとやれるのでおすすめしておきます。

参考 【ヒゲ脱毛】貧乏人のオレでも税込み4万円以内でコンプレックスを叩き潰したオススメの方法
今月のオススメ脱毛サロン&クリニック<もちろんカウンセリングは無料>
メンズリゼ<MEN'S RIZE>
ヒゲ脱毛月々3,000円

MEN’S RIZEは男性専門の脱毛クリニックで、ヒゲだけなら月々3,000円の低価格から施術を受けられ、さらに全身脱毛の場合でも月額5,500円~というリーズナブルさ。

しかも、万が一の肌トラブルも完全無料を保証しているので安心。全国22店舗に拡大してツルツル男子を量産しています。

リンクス<RINX>
RINX

RINXは脱毛サロンですが、独自開発の脱毛マシンと全国51店舗の豊富な人材が魅力!

カウンセリングや脱毛技能士もすべて男性スタッフで統一しているので“女性に見られたくない”なら断然RINX!

毎月先着○○名様限定で行われる超特価脱毛キャンペーンも見逃せませんよ~!

湘南美容クリニック

誰もが一度は聞いたことのある湘南美容クリニックでは、1回の施術時間が15分しか掛からないので、忙しいビジネスパーソンの方にもピッタリ。

特に太くて濃いヒゲに悩んでいるなら、大人気の6回/30,350円(税込)で減毛効果がうれしいヒゲ脱毛を試してみるのもいいでしょう。

店舗数も業界トップクラスなので“出張先でも施術OK!”地方にお住いの方も気軽に始められます。

ゴリラクリニック
髭脱毛

ゴリラクリニックは芸能人や芸人さんも数多く通っている人気の脱毛クリニックです。

脱毛プランの豊富さもさることながら、脱毛施術に使われる「脱毛機」を5種類も取り揃えています。

このことによってあらゆるタイプの脱毛に対応可能になっています。

メンズクリア
メンズクリア

男性専用のサロンで【無制限通い放題】が代名詞のメンズクリアは価格が安いことで有名。

さらに、はじめての来店で最大80%OFFという破格のキャンペーン中なので、痛みにあまり強くない男性でも気軽に挑戦できる脱毛サロンです。

予算を抑えてつつ脱毛に挑戦したいなら、絶対に選択肢に入れておきたい。

ヒゲ
この記事が「役に立った」と思ったら是非シェアお願いします!
ヒゲの惑星